バウンドテニス


バウンドテニスとは

 ラケットボールを原型にテニスと同様のルールで狭い場所でも気軽におこなえ運動量も十分にあるスポーツとして昭和55年に日本で考案、開発されました。
 その後、「誰にでも気軽に楽しくできるスポーツ」として急速に普及しました。
 バウンドテニスの『バウンド』とは英語のバウンダリー(限られたスペース)から来ているものでテニスコートの6分の1の面積でプレーすることができ、場所を選ばないのが何よりも大きな特長です。

用具

ラケット       ヘッドの長さ30cm、幅23cm、全体の長さ50cm
ボール       ゴム製で直径57cm、重さ32g
ネット        幅48〜52cm
専用ネットポスト


場所   屋内
      屋外(グラウンド・コンクリート)

コート  幅3m、長さ10m

ネットの高さ 50cm



競技方法

@ トスにより勝ったプレイヤーまたはチームがサービスかコートのいずれかを選択する。

A 各ゲームは4点先取制とする。3対3になったらジュースとなりその後、2点勝ち越しした方が
  そのゲームの勝者となる。

B 第9ゲームはタイブレーク適用する。

C サービスとレシーブは1ゲームを終わるごとに相手側と交替して行い、奇数ゲームを終わるごとに
  コートチェンジを行う。

D ワンバウンド、またはノーバウンド(サーブレシーブの場合はワンバウンド)で相手コート内に返球
  できないと相手の得点となる。
E サービスチェンジまたはコートチェンジを間違えた場合は、間違えが発見された次のポイントから
  訂正する。それまでのポイントは有効とする。

F 9ゲームマッチ制で5ゲームを先取した方が勝者となる。



サービス方法

@ 最初のサービスは、主審の「プレー」のコールで開始され、その後は主審がスコアをコールしてから
  サービスを行う。

A サービスは1回。

B サービスは、フォアハンドサービスで、腰の高さ以下で打球しなければならない。また、フレーム
  部分はグリップエンドより下でなければならない。

C サーバーはサービスが完了(ラケット部分が接した瞬間)するまでは両足とも地面につけて立ち
  移動してはいけない。

D 各ゲームの最初のサービスは、自衛コートの右半分のエンドライン後方から行い、以降ポイント
  ごとに左右交互のサービスエリアから行う。

E 右サービスエリアからサービスする場合、相手方の右サービスコートへ、左サービスエリアから
  サービスする場合、相手方の左サービスコートへボールを打つ。



サービスのレット

 次の場合、レットとし、サービスをやり直す。

@ サービスしたボールがネットまたはネットポストに触れた後、相手のコートに入ったとき。

A ボールがネットまたはネットポストに触れた後、地面に落ちる前にレシーバーのラケット、身体に
  触れたとき。

B レシーバーが用意できないうちにサービスが行われたとき。



レシーブ方法

@ サービスが完了するまでは、ベースライン及びベースライン延長上線後方に位置しなければ
  ならない。

A ワンバウンドの後、ツーバウンドする前に打たなければならない。

B 各ゲームの最初のレシーブは右サービスコートで行い、以降左右交互に行う。



失点ポイント

@ サービスしたボールが相手方のサービスコートに入らなかったとき。

A サービスしようとした手から放したボールを打たなかったとき。

B ボールを有効に返球できなかったとき。(ライン上は有効)

C サービスされたボールが直接レシーバーの身体などに触れたとき。

D プレーヤーのラケット、身体などがネット、ネットポスト、ポスト固定台または相手コートに触れたとき。

E ボールがプレーヤーの身体、着衣などに触れたとき。

F ラケットから手を離して返球したとき。

G プレーヤーのラケット、身体、着衣などがネット及びネットの想像延長線上を越えて相手側エリア
  (空間を含む)に入ったとき。(ボールのスピンなどにより相手側エリア内に戻ろうとするボールを
  追って、相手側エリア内にラケットを出す行為は認められる)


ダブルス規則

@ 第1ゲームにサービスしたプレーヤーは第3ゲームにサービスをし、パートナーは第2ゲーム、
  第4ゲームにサービスをする。以降、試合が終了するまで同様の順序で行う。

A レシーバーはそれぞれ右サービスコートあるいは左サービスコートのいずれかでレシーブする
  ものとし、その試合が終了するまで位置を変わる事はできない。

B 順序を誤ってサービスしたとき、または位置を誤ってレシーブしたときは発見次第それぞれ正しい
  順序、位置に戻らなければならない。それまでのポイントは有効となる。



【トップページヘ】